教育向け3Dプリント

教育向け3Dプリント

学校での3Dプリントは、アイデアを発展させる余地をもたらし、今よりも教育を面白くします。 熱中すればするほど、学生の学習意欲は高まります。教師による授業の質も向上し、その結果、成績もアップします。 Y Softの提供する、3Dプリンターへの安全かつセキュアなアクセスにより、学校は3Dプリント環境を容易に管理できるようになります。

教育現場での3Dプリント - 国際的調査

2016年、Dimensional Research社は、300を超える教育機関を対象に、3Dプリントの導入に関する国際的調査を実施しました。

調査対象の99%が1台以上のプリンターを所有しているものの、学生による直接のアクセスおよびさらなる拡大は、以下の3つの主要課題により依然として制限されています:

  1. セキュリティおよびアクセス: 3Dプリンターへの安全かつセキュアなアクセスを確保する。

  2. コスト・マネージメント: 継続して発生するコストを管理し、投資対効果(ROI)を正当化する。

  3. カリキュラムへの組み込み: 3Dプリント・プロジェクトを教室のカリキュラムに組み込む。

Y Softは、比類のない YSoft be3D eDeeプリント・マネージメント・ソリューションで、これらの課題を克服しました。
「3Dプリンターを購入したものの、アクセスと3Dプリンターに関連するコストを管理する方法がないために3Dプリンターにロックが掛けられており、生徒とユーザーが利用できない状況がよく発生する、という声をよく聞きます。 これでは、学生に学習意欲を起こさせるという、教育に3Dプリンターを使用する目的が達せられません。 結局、プリンターは使われないままとなるのです」

IDC Research社ディレクター、Tim Greene氏

3Dプリント - 学生の視点を変える

最近の学生はマルチモーダルなフレームワークの利用に卓越しており、3Dプリントがこの学習アプローチの土台となります。 教師は積極的に3Dの視覚補助および実験を用いて、クラスを夢中にさせることができます。これにより、学生は興味を持って熱心に取り組み続けることができるのです。 学生は複雑なトピックを理解しやすくなります。 例えば、風力タービンの背後にある概念の学習などがあります。この学習には物理と数学が必要です。

3Dプリントによる物理的な風力タービンを使用して、学生は構造を学習し、風力エネルギーの生成機能をテストし、その結果に従って調整することができます。 設計から建設までのすべての段階に関わることによって、物理と数学の要素が生きてきます。

3Dプリンターを使用することによって、学習体験が強化され、学生は授業を吸収し、記憶にとどめやすくなります。

ケース・スタディをダウンロードする - テクニカル・スクールにおける3Dプリント





3Dプリントが、学生の職業選択において重要な役割を果たす場合もあります。 学生は理工系の職業で得られる達成感や喜びを体験します。 学生がこれまで退屈だとか自分の能力では無理だと考えていた分野に、新たな可能性が開けます。 学生は、自分がどのように世の中に貢献していくかを選べるようになります。

3Dプリント - 教室で学んだ教科を仕事に変える

教育現場での3Dプリントには、STEMの教科が特に役立ちます。 理論の複雑な概念とテストは、3Dプリントを使用する調査に無理なく適合します。 科学、技術、工学、数学の各教科は、教室内での3Dプリントを通じて強化され、学生は興味を持った関連の仕事の準備を行います。 ただし、3Dプリントは、STEMの教科のためだけにあるのではありません。 教師は3Dプリントが他の教科にも役立つことを理解しています。

3Dプリントを教育現場で使用することは、STEMの教科よりもずっと広範囲に及ぶ可能性があります。 現在、小学校では3Dプリントを教室での学習ツールとして導入しています。 また、3Dプリントは技術または設計指向の学校においてきわめて重要な役割を担っており、薬科、工学、設計、アーキテクチャ、芸術、建設など、大学レベルの教育で使用されることがほとんどです。

3Dプリント - 学生の積極性とやる気を維持する

熱中している学生は教師にとって大きな動機になり、すべての学生にポジティブな学習体験が実現します。 多様な学習体験を提供することによって、学生と教師の双方が授業に積極的に参加するようになります。 教師は、教室内、教室外、卒業のプロジェクトに利用可能な3Dプロジェクトを容易に組み込むことができます。

教育現場での3Dプリントに関する調査のインフォグラフィック





3Dプリンターを使用する教師を対象とした、独自の国際的な調査では、教室への3Dプリントの導入に目を向けている教師および教育機関にとって有益な意見が提供されています。 この調査では、3Dプリントがやる気を起こさせるツールであることを教師が認識している一方で、3Dプリンターには3Dプリント・マネージメントで対処可能な特有の課題があることも示唆されています。

3Dプリント・マネージメントの利点

3Dプリント・マネージメントを使用すれば、学校が所有するペーパー・プリンターと3Dプリンターすべてを容易に追跡および監視できます。

ペーパー(2D)プリンターと同様に、3Dプリンターもネットワークにセキュアに配置されます。そのため、すべての学生が3Dプリンターに直接アクセスして、さまざまな授業や個人的な研究課題に役立てることができます。

Y Softの3Dプリント・マネージメントには、アカウンティング・システムと広範囲にわたるカスタマイズ可能なレポートも含まれます。

このアカウンティングとレポートの機能により、学校は3Dプリンターの使用と材料に関連するコストの追跡、配分、回収(pay-to-printシステム使用時)を行うことができます。 また、3Dプリント・マネージメント・システムを使用して2Dプリンターの追跡と監視が可能なため、さらに投資が拡大されます。

教育向けYSoft be3D 3Dプリンター
YSoft be3D eDee
教育向けに特化した3Dプリント・マネージメント・ソリューションです。

教育現場における3Dプリント特有の課題

特有の課題を解決するには、革新的なソリューションが必要です。 それこそが、弊社がYSoft be3D eDeeを開発した理由です。 教師および教育現場のIT部門のスタッフは、この特有の課題を検討したうえで、教室向けの3Dプリント・プログラムを開発する必要があります。

現状では、3Dプリンターはロックされており、教師や管理スタッフしか使用できないようにされている場合がよくあります。 そうした場合、学生の実地的な学習機会やモチベーションを高めるという利点が失われてしまいます。 YSoft be3D eDeeでは、学生のIDバッジまたはログイン資格情報を使用してアクセスを管理します。 学生は所定の授業時間外に3Dプリンターを利用できるため、実験と学習に時間をかけることができます。

ほとんどの3Dプリンターには、3Dプリント・ジョブを誰かが一時停止させたり中止することを防ぐ手段がありません。 また、誰かが他人の3Dオブジェクトを取り出すことを防ぐ手段もありません。

YSoft be3D eDeeでは、学生がプリント・ジョブを実行することを確認した後、プリンターのドアをロックします。 プリント・ジョブの所有者だけが、その資格情報を使用して、一時停止や、停止、中止、あるいはプリンターのドアを開けることができます。 さらに、YSoft be3D eDeeシステムでは、3Dオブジェクトの完成時にプリント・ジョブの所有者に対してメールが送信されます。 このソリューションには、プリントの進行を遠隔監視できるウェブカムも含まれています。

教師が、学生が利用できないように3Dプリンターをロックすることが多い、もう1つの理由は、3Dプリントのコスト管理が難しいことです。

YSoft be3D eDeeプリント・マネージメント・ソリューションは、この問題を複数の方法で解決します。

レポート・システムと学生に割り当てられたプロジェクト・コードによって、学校はいくつのプリント・ジョブが実行され、3Dプリントのコストをどの部門に割り当てるべきかという正確な情報を得られます。

YSoft be3D eDeeで学生または教師向けの課金システムを使用すれば、各ユーザーのアカウントをサポートして、プリント・ジョブのコストをプリペイド・アカウントから引き落とすことができます。 各プリント・ジョブの開始の前に、YSoft be3D eDeeがジョブのプリント時間と原料コストの見積もり値を提示し、アカウントの残高に必要な金額があるかどうかを調べます。プリント・ジョブの所有者はジョブ実行前に金額を確認できます。

教師はコスト管理に取り組むのと同時に、3Dプリンターの運用における投資対効果(ROI)を正当化することにも取り組んでいます。この成否は、3Dプリンターを学校やキャンパスの全体へ展開する上での障害になりかねません。

YSoft be3D eDeeのレポート機能とアカウンティング機能を使用すれば、学校は3Dプリントの利用状況を分析できます。 それにより、単一または複数の3Dプリンターのコストをアカウント処理し、ROIを求めることができます。 事実に基づくこうしたデータがあれば、教師とIT部門者が共同で校内に3Dプリントの利用拡大を推奨する資料を作成できます。

直観的なインターフェースを備えたYSoft be3D eDeeは容易に使用できます。 教室での使用を想定して、安全性とセキュリティのための機能を備えています。 3Dプリントについての特別な専門的スキルや事前の知識は必要ありません。 独立的機関による3Dプリントに関する調査で示されているように、3Dプリントはあらゆる学校で学生や教師が適切に使用することができます。
Y Soft のサービスには cookie を使用しています。サービスをご利用になると、cookie の使用に同意したことになります。
ok
US