JP

個人情報保護に関する基本方針

個人情報保護に関する基本方針
令和2年4月1日
Y Soft Japan株式会社
代表取締役社長  ミラン フジタ


基本方針

個人情報は個人の重要な財産である。
Y Soft Japan株式会社において業務に従事するすべての者は、関係法令及び個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを遵守し、個人情報を正確かつ安全に取り扱うことにより、お客様の個人の情報を守り、その信頼に応えなければならない。


個人情報に関するコンプライアンス・プログラムの目的

(1)適切な個人情報の収集および利用の基準とこれを運用する規程とする。
(2)個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えいなどが起こらないようにするための行動規範、具体的ルールを定める。


組織活動

基本方針を具体化するため以下の活動を行う。
(1)役員およびすべての従業員は、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守する。
(2)個人情報保護管理者を選任し、コンプライアンス・プログラムの実施および運用に関する責任および権限を与え、業務を行わせる。
(3)システム監査責任者を選任し、システム監査を実施する。
(4)システム監査に基づき、社内の規程および運用の仕方を改善する。
(5)取引のある企業および個人に対し、規程の目的達成のための協力を要請する。
(6)本基本方針は、当社のインターネット・ホームページ(URL)、会社案内などに掲載することにより、いつでも閲覧可能な状態とする。
(7)コンプライアンス・プログラムは継続的に改善する。


個人情報の取扱い

(1)権利の尊重
当社は、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対し、開示・訂正・削除を求められたときは、合理的な期間、妥当な範囲内でこれに応ずる。
(2)個人情報の収集・利用について
当社は個人情報の収集に当たり、個人情報収集の目的に必要な範囲かつ期間に限定して収集活動を行う。その際は、お客様に対し収集目的を明らかにし、収集した個人情報の使用範囲を限定して適切に取り扱う。
(3)情報の正確性の担保
当社は、収集した個人情報に変更が生じた際には、遅滞なく、当社保管の個人情報を変更または削除する。
(4)リスクに対応した情報管理体制の構築
当社は、個人情報が有する情報の重要性、流出のリスク等に対応する方式で、適切な情報管理体制を社内規程に基づき構築する。
(5)リスクに対応した安全対策の実施
当社は、個人情報が社外に流出したり、不当に改ざんされるなどといったトラブルを引き起こさないよう、前項の社内規程に基づき安全対策を実施する。
この規程は、令和2年4月1日から施行する。
Cloud-Based Print Management
Cloud-Based Print Management
Designed for the Enterprise. Secure reserved print infrastructure, robust print management. 
US