JP

YSoft SafeQ シリーズを使用した在宅勤務

YSoft SafeQ(オンプレミスまたはクラウド)を使用している企業は、以下にハイライトした機能およびヒントをタップして、在宅勤務のスタッフやソーシャル ディスタンスを保つ社内スタッフをサポートできます。また、YSoft SafeQ 拡張機能は、必要に応じて在宅勤務サポートをさらに追加することもできます。  

これらのハイライトをテーマにしたウェビナーの録画はこちらからご覧ください。パスワード: SafeQ2020 

ソーシャル ディスタンスに貢献する認証/Print Roaming

ヒント: 当たり前に思われがちですが、認証(クレデンシャルまたはバッジ リーダによって確認される作業者の身元)は、ソーシャル ディスタンスの要件に役立ちます。在宅勤務スタッフは自宅からジョブを送信できます。オフィスでの割り当て時間中、または戦略的に入り口の近く、または空き状況を確認しやすい場所の近くに配置された多機能プリンタを使用して、プリントをリリースできます。

共有キュー

YSoft SafeQ の特徴は、スタッフ メンバーを共有キューに追加できることです。在宅勤務スタッフと社内スタッフの両方が共有プリンタにジョブを送信できます。例えば、在宅勤務者がプリント ジョブ(注文処理および出荷書類など)を送信し、それを倉庫および出荷部門のスタッフが使用することができます。

ホーム プリンタへプリント

管理者は、プリント ジョブのホーム プリンタへの再転送を有効にすることができます。在宅勤務の従業員は VPN 経由でオフィスに接続されており、ラップトップからジョブを送信してホーム プリンタでプリントできます。必要に応じて、従業員への払戻しのためにレポート モジュールで正確な情報を提供できます。

ドキュメントのアップロード

在宅勤務の従業員がプリンタまたは VPN アクセスを持っていない場合、または個人所有のホーム コンピュータを使用する可能性があるシナリオでは、オフィスでの営業時間を利用して必要なドキュメントをプリントできます。YSoft SafeQ を使用すれば、ドキュメントを会社の Web ページまたはメール アドレスにアップロードしておき、出社したときにプリントできます。

Automated Scan Workflow 

YSoft SafeQ の Automated Scan Workflow モジュールを使用することで、オフィス内の従業員がスキャンしたドキュメントが自動的かつセキュアにサードパーティのドキュメント リポジトリにルーティングされ、在宅勤務者がそのドキュメントにアクセスできるようになります。また、スキャンしたドキュメントをメール、共有ネットワーク フォルダ、またはサードパーティ アプリケーションに送信できます 

YSoft SafeQ Mobile アプリ

コンタクトレス プリントを提供するため、従業員は YSoft SafeQ モバイル アプリを使用して、複合機のユーザ インターフェースにまったく触れずに送信済みのプリント ジョブをリリースできます。モバイル アプリでプリント待機中のすべてのプリント ジョブを表示して、選択したプリンタで利用可能な仕上げオプションを適用できます。 

MFX Mobile for contactless printing

When printing in the office, limiting staff’s exposure to contamination through touching a printer’s interface can help with health safety. YSoft MFX Mobile enables staff to use their mobile phone (iOS or Android) to authenticate at the printer. By configuring SAFEQ to print all, users do not have to touch the printer at all to have their waiting print jobs released and printed.

在宅勤務を支援する拡張機能;

これらの各拡張機能の詳細については、拡張機能と統合カタログを参照してください。
  • プリントの委譲 – YSoft SafeQ の共有キュー機能と同じく、この拡張機能は、SafeQ 管理者以外の人物がメンバーのアクセス権を管理できる追加の Web インターフェースを提供します。これにより、ビジネス部門は IT 部門に依存する必要がなくなります。
  • PDF 変換/メール変換 – 特に、PDF ファイルへ出力するオプションのないレガシー システムや、ドキュメントの共有が必要な場合に便利です。従業員がプリントジョブを通常通り送信すると、PDF が作成され、事前定義のホーム フォルダに保存されます。在宅勤務者はフォルダ内のドキュメントまたはフォルダ宛てのプリント ジョブにアクセスできるため、他の人がそれらにアクセスできます。同様に、PDF をメールで送信するよう設定することもできます。 
  • 自己登録カード – コロナ禍での興味深い重要な使用例。屋外で患者の感染フィールド検査を行っている医療スタッフが指示書を印刷する必要があります。医療スタッフは時間制限のある認証カードを複合機のカード リーダでスキャンします。これらのカードはシフト終了時にリフレッシュ(または破棄)されます。緊急時にはこのような移動または臨時出張所が必要になることがありますが、IT スタッフは不要です。
Contactless Printing
Contactless Printing
Safe, touchless printing with the new MFX Mobile Reader
US