JP

Y Softのクラウドファーストに 至る道 - 参加する

サービスとしてのワークフローソリューション
トレンドははっきりしています。中小企業も大企業も、プリントサービスのインフラストラクチャを含めてビジネスのニーズに応じたクラウドファーストアプローチ(一部企業ではクラウドオンリー)に移行しつつあります。実際に、中小企業を対象とした最近の調査では、その93%がすでにクラウドサービスを利用しており、58%がプリントマネージメントにとってクラウドは重要であると考えています。

クラウドであれば、あらゆる規模の企業がビジネスアプリケーションを月契約または年契約のサービスとして利用することができます。プリントインフラストラクチャなど、ビジネスプロセスを支えるインフラストラクチャを構築および維持する上でのIT関連の負荷が軽減されるか、すべて解消されるということから、これは財政面で魅力的です。機能を完全に外部委託することで、大企業はさらに高価値のプロジェクトにITリソースを割り当て直すことができます。また、中小企業はITスタッフを雇用する必要がなくなります。

この移行は非常にスマートなアプローチであると考えています

だからこそ、2016年に発表したYSoft SafeQ 6では、自社の主力製品の設計を完全に見直しました。先見の明があると言われますが、すでにお客様をプライベートクラウド、またはクラウドとオンプレミスの組み合わせで支援していたので、こうなることはわかっていました。

はじめの一歩


YSoft Labsのプロジェクトとして、中小企業向けYSoft SafeQEdge Core(beta)では、ホステッドパブリッククラウドのプリントインフラストラクチャをプリントマネージメントサービスとともに提供します。すぐに使えるひとまとめになったクラウドベースのプリントマネージメントです。

中小企業向けSaaS (Software as a Service) – さて次は何か

YSoft Labsでは他には何について考えて取り組んでいるか、続きを読んでお確かめください。
 
  • オンラインのセルフサービスポータル
    ユーザがITによる支援なしで自分のIDバッジを自己登録できるようにする。企業はITまたはサードパーティによるサポートがなくても自社のユーザを管理できる。
  • その他のエッジデバイス
    その他のYSoft SafeQubeモデル、仮想アプライアンス、サードパーティ製の認定ハードウェア、ならびに優れた複合機(MFD)もエッジデバイスとして機能できる。
  • その他のプリントマネージメント機能
    • モバイルプリントサポート
    • 自動スキャンワークフロー
    • コスト削減プリントを実施するためのルールベースの機能
    • 有料プリントサービス
    • 3Dプリントマネージメント
  • その他のクラウドプラットフォーム
    現在、YSoft SafeQEdge Coreサービスは、Microsoft® Azure Cloudプラットフォームで提供されている。AWS®、Goodle® Cloud Print、Alibaba® Cloudなどのその他のクラウドプラットフォームをサポート可能。

でもこれだけではありません

当社のクラウドファーストに至る道は、まだまだ続きます。詳細については、お近くのY Soft担当者にお問い合わせの上、より優れたビジネス構築へと続く、クラウドファーストに至る道にご参加ください。
 

To respond to your request, we need to process the personal data you provided. By proceeding you agree with our Privacy Statement.

YSoft SAFEQ Breeze Beta
YSoft SAFEQ Breeze Beta

SMB can now lose the IT hassle of supporting print services.

US